年をとると代謝が下がる理由

体重計にのる女性

歳をとると代謝がさがる理由は、体がもうそれ以上大きくならないからです。

 

人種、体格、体質、年齢、性別などで多少差はありますが、十代後半くらいまでは年々増えていきますが、それ以降は低下していくという性質があります。

 

大人になるためには、体を大きくする必要があり、そのためには摂取カロリーを増やし、基礎代謝を高める必要がありますよね。

 

ですが歳をとると体が劣化し、身体機能が低下するので成長ホルモンの分泌も少なくなり、補修する部分も減ってきます。体全体で代謝をあげる必要がなくなってくるのです。

 

また年をとると代謝が下がるもう一つの理由は、細胞周期が遅くなるからです。

 

細胞の分裂時に要するエネルギー消費が減るので、細胞の更新低下による細胞が劣化します。そのことが筋肉量の低下やホルモンバランスなどに影響を与えます。

 

また筋肉量の減少はその大きな原因の一つであり、歳をとると筋肉量が減るので、必然的に1日のエネルギー消費量も少なくなります。

 

基礎代謝を維持したいと思ったら、適度な運動、そして酵素を補うことは欠かせません。

 

何もせずにいたら代謝が減り太りやすい体質になってしまうので、それは避けたい!という人はクレンジング酵素で酵素を補い、ダイエットを成功させてくださいね。

 

クレンジング酵素0の口コミ調査した結果はこちら!